アメリカ留学から日本に帰国してから早7年。滞在していた期間と同じだけが過ぎ去りました。
なかなか英語に触れる時間が日常生活では取りづらく、
アメリカにいる間に日本語をかなり忘れてしまったように、
英語も段々忘れている恐怖にいつも脅かされてました最後に受験した。

私の知っているTOEICも今や古くて、なんだか色々新しくなっていました。
うわさには聞いてましたが・・・。
せっかくの経験が無駄になっては親が泣く!
私自身も悲しいので、心機一転、英語を呼び起こすためにも、
もう一度TOEICを受験しようと勉強を始めました!

本屋さんで自分に合ったテキストブック選びからスタート。
模試形式のものと弱点と自覚のある単語にフォーカスしたものと2冊買いました。

toeic,トーイック,キクタン

写真は単語のテキストブック、「聞いて覚える英単語 キクタン TOEIC Test Score 990」です。他のスコア対象のテキストブックも出版されてます。これが私にぴったりでしたポイント

1: 1日分の単語数が16語。短いスパンが子育て中の主婦向き!
2: CDをipodにダウンロードして、家事をしながら聞ける!
3: 1文字につき英語、日本語、英語と繰り返す。短い時間に復習できる仕組み!
4: テンポのいいバックミュージックが流れていて、リズムがよく耳に残る!
5: 単語を読む声が、男性・女性の異なる人物のものがシャッフルされていて飽きない!
6: テキストブックは、必要最低限の情報のみですっきりしていて見やすい!

と言った具合に、私にとっては良い事づくしです
小さい子供がいる人には分かってもらえると思いますが、デスクに向かってどっかり座り込んで勉強はできません。
仕事勤めをしてないから通勤時間に勉強、なんてできません。
(でも、多忙な仕事の移動時間でも聞けるので、ビジネスマンにも向いてると思います!)
ながら勉強でも頑張ります!

キクタン

 

中古でも出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です