数日前、2歳の娘の保育園の相談に区役所(うちは中野区です)へ行きました。
もっと早く着手すべき事柄だったけれど、なんともそう言う作業が苦手な私は、今までなんとなく避けてしまってました。
なんのことはない、15分ぐらいであっという間に終わりました。
私の状況に合わせた必要書類を教えてもらい、その他もろもろ質問攻めにしてきました。
ネットでも調べられることがほとんどだけど、やっぱり対人だと微妙なニュアンスの質問もピンポイントで聞けるし、
もっと早く行けば良かったな、と今さら反省。

一番役に立った情報は、
1. 入園申し込みは半年間有効であること
2. 年度の変わり目が4月であること
3. 4月入園希望の申し込みは年内に閉め切られる事
4. 今月申し込むと、申し込み有効期間中に来年4月入園希望の申込み締め切りが過ぎてしまい、
かつ4月までに半年の有効期間が切れてしまうので、4月入園は難しくなるということ。
(4月から娘の学年が変わるため、入園のチャンスがあるかもしれないのでとっても重要なじ時期なのです。)
産休明けの時期が決まっていて時間の余裕のない人にとっては考える余地のないことですが、
私のように専業主婦でこれから就職する人は、もう1ヶ月待って申し込む方が、来年4月入園まで1度の申し込む作業でカバーできるということです。

だけど、求職中や自営業の場合、1日の就業時間や1週間の就業日数にも寄りますがたいていは点数が低くなり、
それだけ入園できる確率も低くなるのが現状のようです。
もともと派遣社員の私は産休なんて存在しませんが、
やはり正社員→産休の人の方が何においても有利なんだなぁと痛感したのでした。

政権が民主党に変わった歴史的瞬間にありますが、本当にマニュフェスト通り子育て支援策は実施されるのか、
はたまた我が家の保育園時期までに実施されるのか。。。期待半分、アテにしない方が利口な気もする私でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です