こんにちは、That&Thisです。

布を使った物を作る予定で、その準備に大忙しです。

運良くも、梅雨の始まる前で比較的晴れの日が多く、作業がはかどります!

これは「水通し」という基本的な作業で、仕入れした布をすぐ裁断するのではなく、

一度水に通して乾かしアイロンをかけたあと、やっと裁断から縫製の作業となります。

布は、水に通したあとに縮む性質があります。

水通しを行わないで縫製したものを、お洗濯すると縮んでしまい、

全体の形が崩れてしまうのです。

それを避けるためにとっても手間のかかる作業を惜しみなく行うのです。

この布たちが形になったときを想像すると、ときめきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です