【English Below】

こんにちは、That and this フミコです!

本日は、最近関わらせていただいたTシャツデザインのお話

みなさん、RedBullのエア・レースってご存知ですか?

海の上に作られたコースをパイロットが巧みにプロペラ機を操縦し、

タイムを競うレースで、ここ数年、ここ千葉の海岸で開催されています。

こういう世界ってやっぱり海外の人たちのレベルが高く、

なかなかアジア人の出る幕のない世界。

なんでもほとんどのパイロットが軍に所属していた人などが多く、

そのバッググラウンドは日本にはない環境のことが多いようです。

そんな中、室屋義秀という日本人パイロットが去年優勝、

なんと今年2連覇を達成して大盛り上がりだったようです。

そんなレースに毎年観に行く友人から、

今年はオリジナルTシャツを作りたい!と依頼があったわけです!

応援に気合が入ってます!(笑)

色々ご希望を聞いて、あーでもないこーでもないと試し、

さぁこれでいこうというところで、室屋さんの機体のデザインを見てひらめいた!

最初に見せてよ!なんて言いながら、

ひらめいたデザインに修正していき、できあがり。

タイプグラフィーで室屋さんの機体そのものを表現してみました

写真は、レース当日送ってくれた着画!

写真の中のみんなが、なんとも楽しそうで楽しそうで!

大人でも子供みたいに楽しめることがあって、

しかもそれを共有できるお友達が存在してるってステキだなぁとしみじみ。

そんな楽しい時間に少しでもお役に立てたとしたら、そんな嬉しいことはないですよねぇ。

今回、デザインしたTシャツは、西千葉駅近くにある千葉Tシャツ.COMさんにてプリントをお願いしました。

前々から存在は知っていたものの、なかなか足を踏み入れられてなかったのですが、

もっと早く行ってればよかったーっていうのが感想!

お店には種類も色も豊富なTシャツが置いてあって、

実際に生地の厚み、生地感、カラーの色味、実際触ってチェックできます。

そのほかいろんなものにプリントしてもらえます!

スタッフの塚本さんがまたいい人で!

やっぱり、実際に自分の目と手で確認できて、

且つ作品をお願いするお店のスタッフさんの顔が見えるっていうことは、

私にとってとっても重要だと再認識した経験でした

塚本さん、ありがとうございました!

ということで、お店としてサービスが存在してるわけじゃないですが、

こんなこともしておりますというお話でした~(笑)

また未知なる経験と出会いをさせていただきました

ありがとうございました!

RedBull Air Raceホームページ

日本語↓

http://www.redbullairrace.com/ja_JP

English↓

http://www.redbullairrace.com/en_JP

室屋義秀公式ホームページ(Yoshi Muroya Official HP)

http://yoshi-muroya.jp/

千葉Tシャツ.COM

http://chiba-tshirts.com/index.html

【English】

Hello, Everyone!

Do you know about Red Bull Air Race World Championship?

<Quotes from Web>

Eleven years since it was officially launched, the Red Bull Air Race World Championship has become globally renowned as the fastest and most exhilarating motorsport series on the planet. Devised by the Red Bull sports think-tank, the initial goal was to create the most advanced aerial challenge the world had ever seen; what they got far exceeded their original expectations.

My friend wanted original designed T-shirt with Muroyas name, and he call me!

The photo is the event day with him and his friends wearing my T-shirts! You can tell how much fun they had, cant you?!

It was fun for me to design it, and such pressure to be a part of their priceless memory!

I dont have this service officially, but I would like to share this experience that I had!

Thank you so much for this opportunity!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です