おはようございます、That and This、フミコです!

先日お話した、ネット環境にいらっしゃらないマダムに作品をお見せするのに制作したカタログのお話をしたいと思います!

 

 

今回利用したのは、「しまうまプリント」フォトブックサービス。

リサーチ時点でフォトブックのサービスの多さにびっくり!

数年前に検索したときよりすんごい増えてるっ!

さてどのサービスにしようかな。

あまり時間がなかったので、リサーチにはそこまで時間を費やしていませんが、

サービスを選ぶときの私的ポイントをまとめてみました。

 

【満たしてほしい条件】

①お値段:急遽決定したカタログ制作。予算は組まれていないので低予算で行いたい。

②早い納品:カタログが手元にきていてほしい日程まであまりなかったので、仕上りまで早い。

③カタログ制作の操作性:直感的にデザインできるシンプルなシステムである。(制作時間の削減)

④テキストを入れるテンプレートがある:写真だけ羅列したフォトブックというよりは、

作品名やお値段、想いなどを書き込みたい。

⑤画質:作品がより美しく印刷に表現できる。

 

こんな条件が私の頭の中にありました。

 

【実際の感想】

一応メリットデメリットも調べて決めたのですが、

やっぱり前評判通り、しまうまプリントさんのフォトブックは画質が荒かったです!残念(涙)。

条件の①〜④は、しっかり満たしていたので、より多くの条件を満たしていることを優先し、

画質の不安は置いておいてしまうまプリントさんに決めたのでした。

他のサービスでは、写真家が推薦するほど画質のいいサービスもありますが、

テキストは入らないテンプレートしかなく、かつ予算が高くなるというのが結論でした。

今回は、安い・早い・テキスト要という条件にあったしまうまプリントでよかったとは思いますが、

これからフォトブックを制作される際は、画質にご注意くださいね!

今回は、カタログを制作するのにフォトブックサービスを利用するという選択をしましたが、

また次回があったならば、予算をきちんと取り、印刷会社に入稿する形でそれなりにかけないと納得できるものはできないな、というのが結論でした!

それでも、初回としてはまずまずだし、何よりすんごい楽しかった!!

ので良しとします☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です