もう随分経ったけど今更ながら初出店の時のお話。

4月に初めて出店させていただいた南房総市千倉の能蔵院での花まつり。
自分がどこまでこなせるのか。
作品はどこまで作れるか。
どんなところか。
どんな人たちと出会うのか。
不安とワクワクが入り混じっていましたが
やってみるととても楽しかった!

普段、WebshopやSNSというバーチャルな世界にいると感じない
生々しい体験が逆にとても新鮮でした!
私のショップに来て
「へぇ〜」と言いながら眺めては手に取るおばあちゃんがいたり
めっちゃ即決でストロベリー柄のアイテムを全種類買ってくれた若いママさんがいたり。
目の前で繰り広げられるお客さんの動きを見れるのが
こんなに楽しいとは思いませんでした。
たしかに、無反応に通り過ぎる人がいたり
今後は酷評する人にも遭遇するかもしれない。
そんな怖さももちろんあるんだけれど、
それでもやっぱりそれも生々しい体験でかつ勉強になるなぁと思うのです!

心傷ついておセンチになるのかと思いきや
案外全てが楽しかったと思えた自分が意外でした!
一緒に出店してくれたレジンアクセサリー作家のお友達や
我が家の夫とキッズたちが
周りでワイワイしてくれていたので寂しくなかったし笑。←子供みたい苦笑

我が家の3人姉弟とお友達の長女ちゃんが一緒にいてくれたから心細さ半減!
一緒に出店したお友達。打ち合わせしたわけじゃないのに、何となく同じ服装だった!

水彩画ステーショナリーは、去年行った水彩画100日プロジェクトがきっかけで生まれた作品たち。
何となく水彩画を描きたいな、と思って
何となく100日プロジェクトします!って宣言しちゃったほうが
きっと腰の重い自分を動かすには効果的なはず!と無理やり始めたこと。
その先に何があるのか、そもそも先に何かあるのかさえもイメージしてなかった。
でも描いていたら
お礼に渡すお菓子にサンキューカードつけたいと思い、
長年連れ添われた旦那様を亡くした奥様にぱあっと明るいレターセットでお手紙書きたいなと思い。
そんな風に自然と生まれて来た作品たちです。

今まで、目的を持って計画を立てて進まないと!とずっと思ってきたけれど
理屈なく「なんとなく」自分の頭に浮かんだことを実行したほうが
なんだかスムーズで自然体で心地よく全てが進むな、と40歳過ぎてから思っています。
そもそも、大人になってから気づいたんだけど
足りない頭でいくら計画を立てても
実際は計画外のことしか起こらない。
だから、波乗りみたいにその時にきた波にすっ〜と乗れる
サーファーのように生きたいと最近思って過ごしています。
サーフィンしたことないんだけどね!笑

年を取るって素敵なことだ!
肉体はもちろん老いるけど
精神的にはとてもスッキリしてきて。
自分の人生を生きるのは自分だから
自分の頭に浮かんだことを信用してみるといいかもな、なんて思うのでした!

ディスプレイ中のわたし。めっちゃ真剣で目がこわいね苦笑
店舗内からみた風景。高台にある能蔵院は見晴らし良くてそれだけで癒し!

さてさて、なんだかお話ずれた気もしますが!
何気なく始めたことを皮切りに
出店させていただくという思ってもみなかったことが実際に起こり、
かけがえのない経験をさせてもらえてただただ感謝です!
次なる「なんとなく」は何でしょう?
楽しみながら向き合いたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です