backstage-edited

これまで、自分の子供達、ハンドメイドショップのブランド名など

名前をつけると言う機会がそこそこありました。

また、新しい作品が生まれるたびに、オンラインショップに載せる名前をつけるんだけど、

これまでは名前をつける基準やポリシーのようなものが自分の中であやふやで迷うことが多々あって。

作品に使っている代表的な素材(例:パール)と品目?(例:ロングピアス)を合わせるのが定番で

おそらく一般的に使用される商品名の付け方がある。

それが一番、商品を選ぶお客さんにとってわかりやすいのかな、とも思います。

今回の新作ちゃんたちの中にも、そう言う名前の付け方の方がしっくりきた子がいて

そのままの名前になってたりします。

でもその一方で、名前に想いや願いを込めることで

その作品がご縁のあった人のもとで

その名前に相応しく活躍してくれるんじゃないかって思うように。

人につける名前も、名前に似合った人物になっていく気がしてますが、まさにそんな感じで。

ある意味で「おまじない」みたいじゃないのかなぁと思うんです。

Rosaryー「ひとつひとつ祈りを実現することで人生を丸くする」と言う思いを込めて。

私は、中高一貫校に通っていたんだけど、自身は無宗教なのになぜかカトリックの学校で、

学校の売店でロザリオを買うことができたと言うちょっと変わった環境で。

私にとって比較的身近にあったロザリオ。

一粒ずつ進めて最後の一粒まで一句ずつお祈りをすると言うロザリオの使い方を思い出し

まさに人生の進み方に似てるなぁなんて脳裏をよぎったんです。

一粒の大きさや一つのロザリオに繋がれたビーズの数が人それぞれ違っているのだろうなぁ、と。

今回のデザインは、それぞれに個性のある形のビーズを重ねたデザインになってるから

「祈りを重ねる」と言うワードが思い浮かび、ロザリオに行き着きましたってわけです。

わかってくれる人、いるかな?苦笑

Coreー「それぞれに個性の立った一本の芯を持つ」と言う思いを込めて。

自分の考え及ばない事柄が起きたり、想像を超えた変化が訪れたり。

私の人生にも転機だったと思われるタイミングが何度か起きてるけど、

若い頃は驚きおののいて感情的になり無駄に心が揺れたもんです。

 

年齢を重ねていくうちに、その心の揺れが少しずつ穏やかになってきた気がする。

どんなことが起きても「核心」を見ることに意識が向くようになったからじゃないかなぁ。

そうすると目の前で見えることにあまり右往左往しなくなってちょっと楽になったんです。

それと合わせて、自分自身の中にあるその人らしい「核心」を知ると言うことも大事だと思っていて。

私は、その自分の核心を知る、まさにその過程でなかなか苦戦中。

いつかどっかにも書いた気がするけど、「自分を知る」って案外難しいんだな、これが!

でもでも、いっぽんの芯があるとハッピーも増えるんじゃないかって思ってます。

今回の作品に使用したいびつなままでそれぞれに個性のある、

11本違う色てりのケシパールを見て「一本の芯」と言う言葉が頭に浮かんだんです。

Rayerー「いろんな層(レイヤー)を重ねて人生を輝かせる」と言う思いを込めて。

横長に4本のケシパールを重ねたデザインのこの作品。

Coreで使用したケシパール同様、自然のままの凸凹や曲線が特徴的なケシパールを使っています。

いろんな経験や思い、技術やノウハウ。

みんなそれぞれのステージで生きて、何かしらをレイヤードして(積み重なって)、

また違うステージに進んでるんじゃないかと思うんです。

他の誰でもないそれぞれの個性の活きる人生を

より前向きな明るい方向へ進めますように、と願っています。

と言うことで、たかが商品の名前に大袈裟な!なんて思う人もいるかもしれないけど!笑笑

これが私のレイヤーであり、より自分の核心に近づく、人生を丸くする生き方(活き方)なんだと思います!

少しでも生活のメリハリや、小さい楽しみ、お守り的にも使えると思います!

ぜひオンラインショップ、寄ってみてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です