「活字という表現」

たった今の私の主な表現方法は、

絵の具と色を使った表現である水彩画とビーズを使ったアクセサリーという表現。

なぜそうなったのかは、具体的な理由があるのかも自分ではわからなくて

気がついたらそうだったというのが一番しっくりきます。

そんな私ですが、このブログで書いている活字も好きな表現の一つなんだな、と再確認。

小学校の卒業作文に書いた将来なりたい職業は「小説家」で、

当時、人生で一番と言っていいほど読書にはまっていました。

確かに昔から「言語」や「言葉」には興味があったなぁなんて思い出したりして。

自分にこの手を使って創作したいという欲求が救いようもないことで、

何か伝えたいことがある、もしくは何か表現したいことがあるということだと思っています。

絵を描くことも、ビーズでのモノづくりも、活字で文章綴ることも

全部「表現する」ということで繋がっている。

そしてこの頃、なんでだか、脈略もなくバァ〜っと文章が流れ込んでくる時があって、

そういう時は急いでPCの前にすわり、波に乗っているうちにバァ〜ってタイプするんです。

2~3回ぐらい同じ感覚が続いたことで「あれ?なんだこれは?」となったわけ。

ときどき自分の根っこみたいなところに響く言葉がふと頭に浮かんだり。

残しておきたいという気持ちが湧いてきて。すぐ忘れる性分だから、余計!笑

とにかく文字に残すというのも、私のクリエーションに仲間入りした模様です!

どんな風に。どんな形で。

それはちょっと自分でもわからないんだけど、

とりあえず思い至った言葉や文章は、とにかくメモする!から始めてます。

ただただ自分の思いつきに素直に。

それが一番シンプルだ!と妙に納得する今日この頃でございます。

最近「ふと」思ったことってありませんか?

メモしておくといいと思うよ!

この「ふと」がポイントだと思う!

考えて考えて導き出した内容じゃなくて!

そっちの方がきっと自分の中心から来たひらめきだと思う!

ときどき読み返すとその時の自分に必要な言葉だったりする。

「なんじゃそれ!」って笑ってしまうメモがあったりもするけど!

過去の自分が残した未来の自分への手紙みたいな感じもして、なかなかいいもんです。

そして、そんな思いつきこそが「自分らしさ」だった、なんてことあると思うんよねぇ!

だから、ショップで取り扱ってるノート、「Meditation Notebook」が誕生したわけです。

とにかく浮かんだこと全部メモするノート!

自分の軸を探しながら、見つけたものをキープするためのノート!

試作したノートのデザイン考えてた時、文章を添えたページを差し込むアイデアが浮んで。

ちょこちょこ立ち戻れたり確認できたり、思い出させたりできるようにしてみたってわけです。

めちゃくちゃ思い入れのあるノート作り。

デザインそのものを楽しんで、中に言霊を詰め込んでく!

あ〜楽し!

そんな私のクリエーションが、また他の誰かの一瞬でも1分でも1日でも明るくしたなら

それがまた幸せってもんだと思うんだな、やっぱり!

というわけで、これからの私の創作活動に、

「活字」も仲間入りしました、というお話しでございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です