言葉

「未来への手紙」

私、大阪出身なんです。突然ですが。

もう70を過ぎた母が大怪我をして1ヶ月以上入院。

退院が決まったのはいいけど

仕事一筋の父が一人だった家を片付けるのと

まだリハビリ中の利き手を動かせない母の退院の手伝いで

なんと11年ぶりに実家へ帰省してきました。

結婚したと同時に、3人の子供たちがあまり年数開けずに

次々に生まれてきてくれたのですが、(苦笑)

それぞれステージの違う赤ちゃんを同時に育ててるような状況で

3人連れて近所のスーパーに行くだけでヘトヘトな毎日で

旦那さんいてもてんてこまいで全く遠出ができなかったのです。

長女が中学生になり全員が大きくなった今のタイミングで

まだ良かったなとつくづく実感。

初めて子供たち全員を夫に任せ

(いや、子供たちに夫を任せ?か?笑)

一人で4日も家を開けました。

そんなこんなのあんまり楽しくない帰省だったのだけど

母の手伝いのほかにも目的があったの、実は!

実家の私の部屋にまだ残されている若かりしときの物品が

ここのところなんだか気になっていて

それを見に行きたかったのです。

まだ置いたままのフォトアルバムや本たち。

自分でもすっかり忘れていることばかりだった。

本当、過去のことすっかり忘れるたちで。

そして見つけたいろんな紙類。

その中にはいろんな言葉を書き留めたメモだったり

詩みたいなものもあったのです。

〈16歳の時のメモ〉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ありがとう ありがとう
わたしはとても幸せだよ
あなたたちの幸せで 私も幸せだよ
だからおめでとう ありがとう
私を幸せにしてくれて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



何か身近な人にめでたいことがあったんだろうね。

全く覚えてないんだけど。

人の幸せで自分も幸せな気持ちで溢れてるのが伝わるなとおもって。

興味深い16歳だな。

〈16歳の時のメモ〉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感じるものはLove
感じだものはLove

意地を張ってるけれど
マゼラン世界一周航海

結局最後はLoveに戻ってしまう

そんな感性どこかにあるはず
そんな恋がどこかにあるはず

いつかそれを拾うことができたら
すごく幸せだろうなと思う今日この頃である

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ちょっと曲の歌詞にもなりそうな?

彼氏なんていなかったし、恋なんてしなかったのにな。

あ、だからこそなのか?!

ちょっと恥ずかしいけど公開しちゃう!笑

なんでかってね、これ書いた日付が衝撃だった!

なんと、旦那さんの誕生日だった!!!

えぇ、えぇ、あなたはそのLove

しっかり見つけて将来めちゃ幸せですよ!と言ってあげたい。

なんだか予言みたいで鳥肌たったわ。

〈一番衝撃的なまだ10代の自分が書いたメモ〉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

未熟ゆえの失敗や間違いは
寛容心で許しなさい
非礼や裏切り、いわれのない攻撃や中傷でさえ

裁くことなく傷つくことなく
責めることなく嘆くことなく
許しのために流す涙は
浄化と祝福のシャワー
許しのある心と体は愛の泉がわき
神性が輝きます

どんな人の中にも善いもの美しいものがあります
どんなことの中にも善い学び美しい経験があります

人の意見や目を気にして生きる必要はありません。
何よりもあなたの心と体と感覚に正直であること。

無理していい人を生きますか
自然でイキイキしたいですか

あなたがのびやかに「自分自身を生きること」から
周囲の人がのびやかに生きることが始まるのです。

あなたは毎日新しい人生を創造しています
昨日と同じ今日は決して創造していません

同じだと思えば同じような日々となり
あなたが変われば状況は変化していきます。

どこをどう変えるかはあなたの選択ひとつ
幸福も成功も
心からの信頼と実践力次第です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



自分の感性にひっかかったんだろうね。

どこかで読んだ文を書き留めたと思われる。

でも、10代でこの文章読んで書き留めてたんだ。

40代になってやっとこの内容に似たことを

初めてわかったような気がしてたけど

実はこんなに前に出会ってたんだという衝撃ね。

なんで忘れてたんだよ!苦笑

自分らしく生きるっていうことは、大まかには外れてはいないけど

「人の意見や目を気にして生きる必要はありません。
何よりもあなたの心と体と感覚に正直であること。」

ここはできてない。

そして

自分自身を生きることが、

周囲の人ののびやかな生き方を導くことになるという視点は

あまりなかったな、と思う。

自分のことで精一杯だったんだと思うけど。

どれもこれも

いまの自分の心にすっと入ってくる言葉たちだった。

実際の生活の中では、そうはいかない

なかなか難しい局面があったりするけど。

それにしたって、10代でたどり着いた言葉たちとしたら、なかなか渋いな。

でもまるで「未来への手紙」みたいだと、感動しているのでございます。

未来である今の自分、「生きる」について再確認いたしました。

過去の自分へ ありがとう。

みんなはどんな10代〜20代を過ごしてた?
みんなも色々あったよね、きっと。

こんなメモを書いてる割に

めちゃ未熟でいろんな人に迷惑かけてきたけど

過去の自分からの手紙があったことを考えると

その失敗たちも、過去からの手紙を読んでも理解できる

そんな未来の自分になるために必要なレッスンだったのかな

なんて思ったりもする。

みーんな繋がってる。そんな気がする。

最後まで読んでくれてありがと!
またね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です