「留学での体験が何を教えてくれたか①」
“Things that experiences of study-abroad taught me. Part 1”
(English below)

新年度の始まりが9月のアメリカ。

高校を3月で卒業して大学入学の9月まで時間があった半年。

少しでも資金を増やすのに1ヶ月ぐらい

まだ日本にいるうちにバイトをして。

それから4月の終わりにアメリカ行きの飛行機に乗った。

一番最初に降り立ったアメリカの都市は

入学予定の大学がある都市ではない場所で。

それがサンフランシスコ郊外の街でした。

留学生のための短期英語コースを受けるために滞在していました。

到着したその日は、すんごい晴れた美しい日で

乗ったバスも駅にある建物も、信号機すら可愛くて

本当異世界に来た!っていう感動で

ワクワクしかなかったのを覚えています。もうキラッキラしてた。

英語習得の壁と楽しい思い出

英語の実践勉強は本当に苦労して、周りから置いていかれる現実に

それはそれは焦って、でもプライドだけは高くて。

やなやつだったんじゃないかなーなんて思ってます。

当時ご一緒していた方々、本当に申し訳ないです!

でも、そのほかの生活は本当に楽しくて。

車社会なのに車のない苦学生。

歩いて近くのスーパー行っても、全然近くないし!

ハイキングか!ていうね。苦笑

年上のお兄様たちがすでに車を持っていて、

そのうち連れ出してくれるようになったんです。

外食も、いろんな国のレストランが揃っていて多国籍!

北京ダックもベトナムのフォーも、インドカレーも、メキシカンも、

ありとあらゆる食べ物を堪能したのもその時期です。

パクチーが大好きなのも、そこからだなーと思います。

そのせいで、今より9キロも増量してしまい、

誰だかわからないぐらい太っていました笑。

そして、そんな楽しい思い出話に欠かせないことは、

そのお兄さんたちとサンフランシスコのダウンタウンに通って、

当時流行っていたローラーブレードに勤しんでしたこと!

オーバーオールなんて着ちゃって、結構危ないこともしたような。

若いっていいですよね。

サンフランシスコのダウンタウンで夜遊びしたことがあって、

刺激的すぎて危なすぎて、結局一度だけだった気がする。

ワクワクドキドキより、怖い感情の方が勝っててめちゃ疲れたような。

決して両親には言えない話もいっぱいだな。。。笑。

学校の校内にあるバスケットボールのコートで、

本場アメリカ人の生徒たちがゲームをしてるのを

初めて見た時の感動も凄かった!すんごい迫力だった!

高校時代、バスケ一色だった私にはなおのこと!も

うレベルが違う!当たり前だけど!

カッコ良くてたまらなかった!

150cmしかない私は、どっからみても小学生に見えたらしく、

スリーポイントを決めたりした時は驚かれて、

めっちゃ気持ちよかった!笑笑

でも、私が少しできるって分かった途端、

もう壁のようなサイズのデフェンスしてこられて大爆笑だった。

ずるーい!みたいなこと言って怒ってみたりしてね。

いろんな国籍の生徒でバスケやったのもすごいいい思い出。

言語も、国籍も、体格も、目の色も何もかも違う人たちがバスケをする。

それぞれの持ち場でそれぞれのチカラを出す。

共通することは、楽しければ笑う!

日本しか知らなかった自分がいかに視野が狭いか、

自分の知らない世界はこんなにも広い!って実感したよね。

自分という存在の小ささを目の当たりにしたと同時に、

自分という個の可能性も思ってるより広がってるって

いうことも感じた気がした。

とにかく、自分という人間はどうあってもたいしいたことないんだって

思うと、自由の羽が背中に生えた気がしたんだよね。

なんだろう、めっちゃ忘れていた記憶がいきなり蘇ったんです。

「ほら、また視野が狭くなって、自由の羽のこと忘れてきてないかい?

ほら、またこの時のこと思い出して!」

と言われているような気がする!!

次へつづく→ 

【English】

September is the beginning month for school in United State, but in Japan, it is April. So the graduation from High school was March in my country, and I had a few months until the entrance of University in USA.

I did part-time job for about a month as I waited my flight day! Then I finally reached to the land of the United State on the end of April. My first stop was the little town near SanFrancisco. I stayed 3 months at the college there to learn in the English classes for international students.

I clearly remember the beautiful sunny weather at the day I just arrived and everything like buses, buildings, and even stop signs looked so awesome for me and made me excited so much! I felt thrilled of whatever coming up to my life in the near future, and there were only excitements in my mind!

However, as my classes had started, I encountered how bad I was learning the language! Ha! Ha! As soon, my life got the struggles to catch up with all other students and difficult tasks!

Well, otherwise of such struggles, my life was definitely filled with a lot of fun! As a student without a car, going to supermarket took about 40 mins for walk was even precious memory! Oh, my!

Some older students who already owned a car helped me afterward to take me to the town and introduce so many good restaurants! Beijing Duck, Vietnamese, Mexican, Indian Curry, and so on! Since I was the child who hadn’t enjoy eating so much as I grew up, it was such sensational experiences of varieties of foods! Well, my weight gained so bad, as you can tell!

Rollerblading was also my new experience I had during those days. It felt so refreshing to rollerblade in the downtown SanFrancisco with ocean view!

One of the most exciting experiences was to see real American guys were playing basketball right in front of me! I played in a basketball team in my high school, so I knew how people in USA were so good at it. The real ones were more than I’d imagined! So powerful!

My height is only 150 cm, so everybody didn’t believe I was already 18 years old! Can you imagine how I felt so good when I successfully shot 3 points?! Ha! Ha! It is really so good memory.

More to rethink about that particular memory, playing basketball with all students from all over the world was the one I want to specially note. We had different languages, colors of skins and eyes and hairs! But we played a sport, enjoyed each other, and smiled together!

I felt we were free! We all have an infinite of possibilities in each ourselves with “wings of freedom”.  I mean, we all are free from all boundaries between us and social whatever!

Those experiences were many years ago, and I usually don’t recall them that frequently.  But suddenly something has brought all rushing back to me. I hear the voice, “Hey, you seem to forget about wings of freedom on your back! Hey, you should remember those memories again so that you wake up again!”

Continues to the next issue→ 

「「留学での体験が何を教えてくれたか①」“Things that experiences of study-abroad taught me. Part 1”」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です