フミ 
ハンドメイドショップ That and This を 2017年にスタート。
米国にて大学在学中に グラフィックデザインに出会い
グラフィックデザイナーとなる。
帰国・結婚後 幼少の頃から好きだった 「てづくり」という初心へ。
自身で描いた水彩画を使用したステーショナリーや
ヴィンテージ素材とスワロフスキーを使用したアクセサリーを主に制作。
That and This オンラインショップにて販売中。
https://shop.thatandthis.me/
夫+3人キッズの5人家族。

  That and This

That and This 直訳してしまうと「あれこれ」ですこれまで、何かしたいと漠然と思っていましたが、
何をするのか絞り切れないで悶々とした日々を長年過ごしていました。

でもある日、「そうか!全部やろう!」と
ひとつに絞らないという思い切った選択をしました(笑)
だから、「あれこれ」=”That and This

bijoux
希少価値のあるヴィンテージのガラスストーン

ビーズジュエリーとの出会い  

長女が誕生する少し前に初めて出会ったヴィンテージビーズに魅せられ、 ハンドメイドでアクセサリーを作り始めました。
数年前に亡くなった義父が「やってみなさい」と背中を押してくれました。 そのあと、立て続けにもう2人の出産(下二人が年子)が入り、
引越などもあったため制作活動を休止していましたが、 ビーズのリサーチだけはずっと行なってきて、 That and Thisで使用するビーズたちは、
この十数年間でコツコツ買い集めたビーズたちです。
そのため、一点ものや、再仕入れが困難なビーズたちがほとんどです。

ー 水彩画ステーショナリー ー

学生時代から、思えば人生の節目になると描いていた水彩画。私にとって瞑想に近く、描いているとこころが穏やかになるのを感じるので習慣となっています。

ふと思い立って2018年に行った水彩画100日プロジェクト。それをきっかけに生まれたステーショナリーたちです。レターセット・A6サイズ便箋・ミニカード・ギフトタグなど、見るだけで心踊る可愛いアイテムを制作しています。
新しく描いたものがあれば、どんどん違うカラーが生まれるだろう、自分でも将来の展開が楽しみな
余白がまだまだいっぱいのカテゴリーです♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実店舗   
2017/5/31を持ちまして、一旦閉店の運びとなりました。
これまでおとづれていただいたみなさまに厚く御礼申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/11/29
に、実際に作品を手に取って見ていただける 小さい小さい店舗ができました。 現在は不定期オープンとなっておりますが、 完成した作品数によってオープン日を増やしていきたいです。 各SNSにてオープン日のお知らせをいたしますので、 是非チェックしてみてくださいね各作品のデザイン・制作、パッケージのデザイン・制作、 WEBSHOPの管理運営、発送業務、実店舗の運営など、 全作業をほぼ一人+時々パパ (PC関連のサポート、高い場所での作業<身長150cmの小柄なため>、 私の精神安定<笑>)で行っています。 もろもろお時間いただくこともあるかと思いますが、 どうぞよろしくお願い致します!

できる限りハンドメイドにこだわって日々制作活動をしています。

その人のぬくもり、想い。あったかい感じが好きなのです。

一人でも笑顔になってくれる人がいたならば、嬉しいなぁと思います。